ベビーシッターの料金は?東京でも利用できるおすすめ会社と口コミ

ベビーシッター 料金 東京

仕事を復帰したいのに保育園が見つからない、家事に育児に大変でリフレッシュしたい。

 

そんなときはベビーシッターを利用するのがおすすめです。

 

ベビーシッターを利用すれば、家事も仕事も捗りますし、なんといってもお子さんの教育までしてくれるので一石二鳥、いや一石三鳥です!

 

しかしベビーシッターを利用してみたいけど料金の相場はどれくらいなのか気になりますよね。

 

実は「派遣型」と「マッチング型」では料金の相場が大きく変わってきます。

 

特に東京在住の方は助成金で非常に安くベビーシッターを利用できるんです。

 

今回はベビーシッターの料金相場の比較と、おすすめのマッチングサイトを3社ご紹介します。

 

スポンサーリンク

ベビーシッターの料金を解説!東京の派遣型とマッチング型の相場とは?

眠っている赤ちゃんのセレクティブフォーカス写真

ベビーシッターは子供をママやパパの代わりにお世話してくれるサービスで、派遣とマッチングサイトと2通りで雇うことができます。

 

派遣とマッチングサイトはどちらが安いのか、それぞれの相場を見ていきましょう。

 

「派遣型」と「マッチング型」の料金相場を比較

派遣型とマッチング型は基本的にサービスの内容は一緒ですが、大きな違いは自分でベビーシッターを選ぶか選ばないかを決められるところです。

 

派遣型は会社側があなたに合ったベビーシッターを選んでくれるのに対し、マッチング型は自分でどのベビーシッターにするのかを決め直接相談してやりとりができます。

 

ただ派遣型を定期的に利用している場合、専属のベビーシッターを指名して雇うことができます。

 

一方マッチング型は、あらかじめベビーシッターが空いている時間がプロフィール画面に出ているので、そこで日程調整をすることができます。

 

 派遣型マッチング型
基本料金(時給)2,000円~3,000円1,800円~2,500円
入会金20,000円~60,000円無料
年会費10,000円ほど無料
交通費一律or実費往復実費
手数料双方から10%
など会社による
単発利用10%
定期利用20%
など会社による
オプション有り有り

 

マッチング型が登録・入会金・年会費が無料に対し、派遣型は初期費用30,000~70,000円かかってしまいます。

 

ベビーシッターの基本料金は「時給×時間+消費税」となっており、シッターさんそれぞれのスキルや経験によって異なり、資格保有者の方から学生さんまで幅広く雇うことができます。

 

そして保育園と違って、早朝と深夜にも対応しているベビーシッターもいるので非常に便利なんです。

 

こうして比較すると、入会金などの初期費用は高いけど継続して利用するなら派遣型安くて豊富なシッターさんを自分で見つけたいならマッチング型というのが分かります。

 

▼忙しいママの味方!買い物代行サービスを活用しよう!▼

 

 

東京都の助成金を活用しよう

東京はベビーシッターを要する核家族世帯が多く、保育園に入れない待機児童が年々急増しています。

 

東京都では2018年からそういった待機児童の保護者向けに「ベビーシッター利用支援事業」という助成金を利用することができます。

 

以下の記事で2020年最新の内閣府ベビーシッター割引券について詳しくご説明しています。

【2020年最新】内閣府ベビーシッター割引券の対象者や使い方!

 

 

次にベビーシッターは具体的に何をしてくれるのかご紹介します。

 

 

ベビーシッターってどんなことしてくれるの?

ではそもそもベビーシッターはどんなことをしてくれるのでしょうか?

 

  • 保育園の送迎
  • 習い事の送迎
  • 自宅で英会話レッスン、ピアノ、家庭教師
  • 家事代行
  • 1週間分の作り置き料理
  • 保護者の体調不良時の子供のお世話
  • 夫婦でリフレッシュ
  • 冠婚葬祭
  • 友人と会食
  • 仕事を休めない日などの病児対応
  • 助産師による産前産後ケア
  • 外遊びに連れて行ってもらう
  • 子育ての相談にのってほしい

と、さまざまな理由で預けることができるのがベビーシッターの強みです。

 

ただ子供を預けるだけでなく、英会話をマンツーマンで指導してくれるベビーシッターもいるので、とても効率的ですよね。

 

特にマッチング型はいろいろなスキルを持った人が在籍しており、プロフィールや経歴をみて探せるのでおすすめです。

 

マッチング型を利用してみたいけど、どこのサイトがいいの?

そんな疑問を持っている方もいると思います。

次におすすめのベビーシッターマッチングサイトを3社ご紹介します。

 

 

東京などで利用できるベビーシッターマッチングサービスを3社ご紹介!

色とりどりのおもちゃ箱の山

では実際にどんなマッチングサービスがあるのかご紹介していきます。

 

ピックシッター

まずご紹介したいのは、保育園事業者の方たちが運営している「ピックシッター」です。bigじゃないですよ!pickですよ!

 

対象年齢は0歳~15歳と、幅広い年齢に対応しています。最低保育時間はベビーシッターによりますがだいたい2時間。

 

東京・埼玉・神奈川・千葉の4都道府県(2020年5月現時点)で利用可能なサービスで、英会話レッスンができるバイリンガルのシッターさんが多数在籍しています。

 

子供預けているときでも、なにかお勉強をさせたいという親御さんのために小さいうちから英語カードやゲーム、お歌を使ってマンツーマンでレッスンを受けられます。

 

もちろん英会話だけでなく掃除などの家事代行、料理、お歌など様々なスキルや資格を持ったシッターさんもいますので気軽に探せるのも大きなメリットです。(追加でオプショ料金がかかります。)

 

例えばママとパパがどちらもお仕事なのに突然熱が出てしまい保育園に預けられなった。ということがあっても大丈夫!

 

ピックシッターは当日依頼・病児保育が可能なので、お電話一本でシッターさんを雇うことができます。

 

特に魅力なのがベビーシッター探しだけでなく、空いた時間でシッターになることもできるので、隙間時間にお金を稼ぐことだってできちゃいます!

 

もし急にベビーシッターを利用することになっても大丈夫なように、事前に新規会員登録をしておくのがおすすめです!

 

▼ピックシッターの口コミ

利用したい時に、ネットで簡単に検索してベビーシッターとマッチングで探すことが出来るのでとても便利です。普段は保育園を使っていませんが、急な仕事の時などに利用しています。資格を持っているシッターさんなので安心です。(30代・女性)

幼稚園の年長さんになる子どもがいて、共働きのためベビーシッターに子供を預けることにしました。ピックシッターのベビーシッターは、きちんとした保育をしてくれて助かりました。子どもに対してしつけも教えてくれているようです。

(50代・男性)

 

キッズライン

次に紹介したいのが「キッズライン」というサイトです。

 

対象年齢はベビーシッターによりますが、基本的に0歳~小学生くらいまでで、最低保育時間は1時間から。

 

24時間WEBでもアプリでも簡単にベビーシッターを雇えるのが魅力のサービスです。

 

全国47都道府県で3000名以上のベビーシッターが在籍しており、累計100万件以上の実績をもつ大手のサービスです。

 

ベビーシッターひとりひとりに面談・研修を行っているので、利用者にとって安心なのが魅力です。

 

私は以前WEBサイトで自分の住んでいる県のベビーシッターを探しましたが、やはり地方の方はまだまだベビーシッターが少ないのが現状です。

 

しかし会社も大きいのでこれからどんどんベビーシッターも増えていくと考えられるでしょう。

 

▼キッズラインの口コミ

最初は全く知らない人が家に来ることにとても抵抗がありましたが、先に利用したことのある友人に聞いたところ、「習い事の先生が来ると思えば、平気じゃない?」との一言で、妙に納得することができ、その日を迎えました。
きていただいた方はちゃんと資格を持ち、子育てやシッターの経験も豊富な方でした。子供達は初めこそ戸惑っていたもののすぐに打ち解け、仲良く遊んでいました。その間に私は日頃できなかった断捨離や、家の買い物などを済ますことができ、とても効率よく過ごすことができました。
(30代・女性)

子供に合わせたベビーシッターを探して頼めます。普通のベビーシッターサービスでこれはできません。依頼する方と直接やりとりすることができる点も高評価です。
料金もベビーシッターさんの対応も納得できるものでした。子供もベビーシッターさんになついたようです。(30代・女性)

 

スマートシッター

「スマートシッター」は保育士などの資格保有者が9割以上在籍しているサービスです。

 

対象年齢は0~12歳まで。
最低依頼時間は保育2時間から、送迎30分から。

 

ベビーシッターさんは全員、ベテラン保育士による面談でスキルチェックをし、選考され保育園で研修を行っているので利用者も安心できます。

 

その分1時間2,000円からと他サービスより保育料が高めに設定されています。

 

対応エリアは2020年5月時点では、

 

埼玉県・大阪府・東京都・神奈川県・千葉県・兵庫県・茨城県・奈良県・京都府・愛知県・群馬県・栃木県・滋賀県・福島県・福岡県・大分県

 

の16都道府県となっています。(詳しい市区町村はこちらから)

 

スマートシッターのアプリもあるのでそこからチェックしてみましょう。

 

 

まとめ

今回はベビーシッターを利用してみたい!料金の相場が知りたい!という方に向けてまとめてみました。

 

どこのマッチングサイトも安心な保険がついていて、子供を見てくれるだけでなく教育もしてくれるベビーシッターも在籍しているので、非常に便利です。

 

あなたの目的に合ったベビーシッターさんが見つかるといいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました