【2020年最新】内閣府ベビーシッター割引券の対象者や使い方!

ベビーシッター 割引券

ベビーシッターに割引券が存在するのはご存じでしょうか?

 

ベビーシッターを利用してみたいけど高くてなかなか利用できない。子供を預けないと仕事や家事に手が回らない。

 

そんな方も多いと思います。

 

この記事では内閣府ベビーシッター割引券の対象者、申し込み方法、詳しい使い方、割引券が使えるベビーシッター会社の紹介をしています。

 

内閣府の公式サイトを参考に、かみ砕いてご説明していますのでぜひご覧ください。

 

あなたも割引券の対象者かもしれませんよ!

 

スポンサーリンク

内閣府ベビーシッター派遣事業割引券について

フィラデルフィア動物園チケット

内閣府ベビーシッター派遣事業割引券とは、2016年に導入された事業です。

 

簡単に言うとベビーシッターを利用する際に割引券を使えば、割引対象の料金が後から返還されるということです。

 

では利用可能な対象者と内容、使用する際の注意点を解説していきます。

 

割引券が使える対象者

ベビーシッター割引券が利用できる対象者は、対象とされている事業主に雇用されている保護者。(個人事業主・フリーランスの方も利用可能)

 

正社員でも契約社員、パート、アルバイトでもOKです。

 

または、

  • 病気療養
  • お仕事を探している方
  • 学校へ通っている方
  • ハローワーク等で職業訓練を受けている方
  • ひとり親家族の方
  • 厚生年金の被保険者の代表者・役員

の中でベビーシッターを雇わないと生活が困難な状況の方です。

 

そして利用できるお子さんは、乳幼児から小学3年生までの児童です。(身体障害者等は小学6年生まで)

 

お家に1人でお留守番させるのはまだ難しい年まで見てくれるということですね。

 

フリーランスの方はフリーランス協会に無料会員登録し、割引券を申請します。こちらのURLからご確認ください。フリパラ

 

ベビーシッター会社もこの割引券が利用できるところとそうでないところがあります。記事の後半で割引券を利用できるサービス会社を紹介しています。

 

ベビーシッター割引券の内容

上記で説明した対象のお子さん1人につき1日5枚利用可能で、1ヶ月1家庭120枚までと限度枚数が設定されています。

 

ということは、120枚を12ヶ月で割ると、1ヶ月1家庭で10枚利用できるということです。

しかし兄弟が多い家族はすぐになくなってしまう恐れがありますね…。

 

でも大丈夫!私のような双子のお子さんをお持ちの方や、三つ子以上の方は多胎児さん用に割引券があります。

 

ベビーシッターの割引額は以下の通りです。

○割引額:対象児童×2,200円/1回あたり(多胎児2人:9,000円、多胎児3人以上:18,000円)

引用:企業主導型ベビーシッター利用者支援事業における「ベビーシッター派遣事業」の令和2年度の取扱いについて

 

割引される内容は保育料(時給)とオプション料金のみです。ベビーシッターの交通費は対象外なのでご注意ください。

 

ベビーシッターを利用すると多胎児はどうしても高くなってしまいますが、今回の多胎児の割引券は通常の約4倍割引されています。

 

なので、むしろ多胎児の方がお得ですね。

 

1世帯あたりの所得は関係なく、非課税(税金がかからない)で割引券を利用することができます。

 

またリフレッシュ目的で使用してもOKだそうなので忙しいママにとても助かりますよね。夫婦でお出かけしたり、美容院へ行ったりおひとりさまを満喫しましょう!

 

割引券を利用する際の注意点

割引券の発行には時間がかかってしまいます。

 

しかし2020年4月1日以降にベビーシッターを利用した方で割引券を使用してない方は、対象者であれば後から請求することができます。

 

例えば4月10日にベビーシッターを利用したけど対象者なのに手元になかった!という方でも、ベビーシッター会社に請求すれば口座に振り込まれます。詳しくはキッズライン公式をご参照ください。

 

また利用する際、割引券は”家事代行”には適用されない会社があります。

あくまでもお子様のお世話を目的としているようなので利用する前に確認しておきましょう。

 

割引券は決済時に使用するのですが、決済した際に割引きされるのではなく、あらかじめ銀行口座を設定し、そこへキャッシュバックされる仕組みとなっています。

 

ショッピングのクーポンのように、割引券のコードを入れてすぐに適用されるというわけではないので注意が必要です。

 

また多胎児分の割引券を利用する際に注意が必要です。

 

多胎分の割引券は多胎のみが使用でき、兄弟と合わせて利用することができません。

例えば、姉の双子に多胎用1枚、弟の1人に通常分1枚。という使い方だったら大丈夫です。

 

そして多胎分は1年に2回(3人以上の家庭は4回)までと制限されています。(き、厳しい…)

 

多胎用でも、リフレッシュ目的で利用しても大丈夫だそうなので、使いきれないことはなさそうですね。

 

このように割引券にはいくつか注意点があります。また他に情報が入れば随時更新していきたいと思います。

 

 

割引券の申し込み方法

申込は勤めている会社側が行っており、割引券を発行できる上限枚数が定められています。

 

労働者数が1,000人未満の場合・・・・・・・・・・・ 1,200枚
労働者数が1,000人以上2,000人未満の場合・・・・・ 2,400枚
労働者数が2,000人以上3,000人未満の場合・・・・・ 3,600枚
労働者数が3,000人以上の場合・・・・・・・・・・・ 4,800枚

引用:ベビーシッター派遣事業のご案内 [令和2年度版]

 

1家庭何枚まで、ではなく会社に勤めている労働者の数によって配布される枚数が変わってきます。

 

ご自身の勤めている会社に「ベビーシッター割引券を利用したいので、申請お願いします。」と伝えれば、後日自宅に割引券が届きます。

 

現時点では2020年5月下旬から割引券の準備ができ次第、発送されるようです

 

 

ベビーシッター割引券の使い方

割引券の利用方法はいたって簡単です。

 

今回は有名なキッズライン(アプリ版)を使ってご紹介します。※ウェブ版からでも申し込み可能です。

 

1)アプリを開き下の”その他”をタップ

① ベビーシッター 割引券

 

 

2)設定の下にある”福利厚生設定”をタップ

②ベビーシッター 割引券

 

 

3)1番下に”内閣府補助券”があるのでタップ

③ ベビーシッター 割引券

 

 

4)各項目を入力していきます

④ ベビーシッター 割引券

 

  • 承認事業者名…お勤めの会社の名前を正式名所で入力。
  • 承認番号…お手持ちの券に記載されているAから始まる、6桁の数字を入力。
  • 労働者氏名…保護者のお名前をフルネームで入力。

 

5)ウェブ版へ移動し、メニューの設定から受取設定をクリックし、銀行口座を設定

 

6)そして通常通りベビーシッターを利用した後、完了の報告が届くので、決済の画面にて割引券を使用するを選びます。

 

7)割引券の表と裏に必要事項を記入し、半券をちぎってお勤めの会社へ提出します。

 

そうすると会社からキッズラインへ郵送されるので、後日適用され先ほど設定した銀行口座へ振り込まれます。詳しくはキッズラインのご利用案内をご覧ください。

 

他のサービスも同じように、まずは割引券に記載されている情報を入力してから、ベビーシッターを利用するみたいです。

 

 

割引券が使えるベビーシッター会社をご紹介

盛り合わせ色のおもちゃ箱の山

内閣府の割引券は使用できる会社とそうでない会社があります。内閣府の割引券を使用できる会社は以下の通りです。

 

  • キッズライン
  • スマートシッター
  • ポピンズ
  • キズナシッター
  • ラビットクラブ

他、地域別割引券取扱事業者一覧

 

ベビーシッター会社の比較記事等は以下URLに載せています。

 

 

 

おわりに

今回は内閣府ベビーシッター割引券が使える対象者、割引の内容、注意点、申し込み方法、使い方についてかみ砕いてご説明しました。

 

昔のベビーシッターサービスは高価なサービスで手が出せませんでしたが、今はかなり会社やサービスが増え、利用できる地域が増えてきました。

 

そしてただお世話をしてくれるだけでなく、英語教育などオプションで学ぶことができるベビーシッターもあります。

 

詳しくは、ベビーシッターってどんなことしてくれるの?をご覧ください。

 

これを機にベビーシッターの良さを体験してみてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました