双子の出産費用は○○万円用意しておこう!どれだけ返ってくる?

 

双子は入院だけでなく出産にもお金がかかってしまいます。出産費用、心配ですよね。

 

 

双子の出産費用はどれくらいかかる?

入院から退院までの費用はいくら用意すればいい?

 

こんな疑問をお持ちではありませんか?

 

 

そこで今回は双子の出産費用についてのお悩みに、双子出産経験のあるママがお答えします。

 

 

具体的には

  • 双子の出産費用はいくらかかるのか
  • 出産の出産費用と補助金は2倍になるのか
  • 全部でどれくらい用意すればいいのか
  • 保険の加入について

の順番にご紹介していきます。

 

 

この記事を読めば、だいたいの双子出産にかかる費用についてが分かります。ぜひ最後までご覧ください!

 

 

スポンサーリンク

双子の出産費用っていくらかかるの?

双子の出産費用はだいたいいくらかかるのでしょうか?

順を追ってみていきましょう。

双子の出産費用は2倍になる

 

双子出産費用は入院費もあわせると、1人のときよりも多くなってしまいます。

 

 

つまり双子は年齢に関係なく切迫流産などの合併所のリスクが高いため、管理入院の時期が早くなり、入院費用もかさんでしまうのです。

 

 

こちらの記事で、双子はどんな合併症になりやすのか、まとめてあります。妊娠中に管理入院になりやすいケース3つ

 

 

 

ちなみに私は切迫流産&妊娠高血圧症候群で出産の2ヵ月前に入院しました。

入院期間が延びるとどれくらいかかるのか、参考までにこちらの記事もご覧ください。

双子妊娠の管理入院にかかる費用は?補助制度でいくら戻ってきた?

 

帝王切開の場合

 

双子に関わらず多胎妊娠をすると、高確率で帝王切開となります。

 

 

私の場合、双子が逆子ではなかったので、出産1週間前まで普通分娩の予定でした。しかし出産に近づくにつれ、だんだん片方の子が横向きになってしまい、渋々帝王切開に…。

 

 

帝王切開になると、入院期間が長くなり、普通分娩よりも15万前後高くなります。

 

 

ふた
ふた

結局手術の費用だけで、だいたい実費6万円ちょっと支払いました。

 

 

帝王切開の方が高額になってしまいますが、赤ちゃんと母体へのリスクが大幅に低くなります。また帝王切開はなにかしらのトラブルによるものが理由となるので、健康保険がきいて支払いが安くなります。

 

 

健康保険以外にも医療保険に加入していれば、もっと支払いが少なくなります。

 

 

詳しくは、出産時の保険についての記事をご覧ください。

双子妊娠中の管理入院で保険に加入しなくてもいい?!保険適用について

 

NICUの入院費用について

 

赤ちゃんが無事に産まれてもうまくミルクが飲めなかったり、体重が増えなかったりすれば、NICUへ入院となります。

 

 

NICUとは小さく産まれた赤ちゃんを24時間集中的に治療する施設のこと。早く産まれて未熟な赤ちゃん、心臓や肺などに病気がある赤ちゃんなどさまざまな理由で入院します。

 

 

私の娘は双子の妹が小さく産まれ、産まれても体重が増えず命の危険性があったので、NICUへ入院となりました。(今はすごく元気です!)

 

 

NICUは1人の赤ちゃんに1人の看護師さんがつきっきりで介助をするので、入院費は高額となってしまいます。だいたい1人あたり1日10万円になりますが、後ほど紹介する補助制度を使えばほとんど返ってきます。

 

 

双子は入院費や出産費がかさむけど、帝王切開であれば金銭的負担が軽くなるんだね。

 

 

出産の補助金は2倍になる?!

 

入院&出産時には公的補助制度が使え、双子になると一部の補助金は2倍の金額で返ってきます。

 

 

出産の補助金は以下の2つ。

  • 高額療養費制度
  • 出産一時金制度

 

この2つの制度について詳しく書いた記事があるので、ぜひご覧ください。いくら戻ってきたのかも公表しています。

管理入院に対する”補助制度”はあるの?実際いくら戻ってきたのか

 

 

双子の出産費用どれくらい用意しておけばいい?

 

では妊娠中の今、どれくらい用意しておけばいいのでしょうか。

 

 

私の場合

  • 双子
  • 予定帝王切開
  • 総入院期間 約2ヵ月
    (管理入院+普通入院+出産+NICU)

 

地域や病院によって差がありますが、20万円は用意しておくとよいでしょう。

 

 

最初に支払う額が大きいですが、補助制度の手続きをすれば退院後に返ってきます。

 

 

しかし補助制度だけでは心もとないと思います。次に妊娠中でも入れる保険についてご紹介します。

 

 

早いうちに保険に加入しておこう

 

補助制度とは別に、2種類の保険があります。

  • 健康保険
  • 任意の民間医療保険・生命保険

 

健康保険は加入していれば、補助制度もききますし、医療費の3割しか負担しなくて済みます。

 

 

任意の民間保険はほとんど、妊娠中に加入できないケースが多いですが、妊娠中でも加入できる保険が実は存在します。双子妊娠中の管理入院で保険に加入しなくてもいい?!保険適用について

 

 

その保険についてのご相談は”無料”でできますので、ぜひこちらをご利用ください。

 

▼無料相談OK!出産等の保険の見直しや比較!▼

 

まとめ

今回は双子の出産費用としていくら用意しておけばいいのかご紹介しました。

 

 

本記事で紹介した他の記事にも詳細がまとめてありますので、ぜひご覧ください。

 

 

▼関連記事▼

【双子妊娠】管理入院はなしになる?まぬがれる方法ともしもの対処法!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました