【双子妊娠】管理入院はなしになる?まぬがれる方法ともしもの対処法!

双子妊娠 管理入院なし

 

「双子妊娠中の管理入院はマスト!」
こう医者に言われて、安心する方もいればどうしようと悩む方もさまざま。

 

私も入院自体、家族と離れるので嫌でした。

しかし”管理入院はなしになる可能性がある”、そもそも”管理入院は全く苦ではない”のです。

 

管理入院なしにならないの?

上の子はどうしよう…

管理入院だとお金も心配

こんな疑問や悩みをお持ちではありませんか?

 

そこで今回は管理入院についてのお悩みに、双子管理入院し切迫早産の危機から脱したママの観点から解説していきます。

 

具体的には

・管理入院がなしになる秘訣3つ
・管理入院となってしまった場合の対策方法

の順番にご紹介していきます。

 

ママとお腹の赤ちゃんにとても効果的な秘訣でもあるので、まずはご一読ください。

 

 

スポンサーリンク

【双子妊娠】管理入院はなしにならないの?

部屋の中の空の病院用ベッド

結論から言うと、双子妊娠中の管理入院がなしになる可能性は極めて少ないと言えます。

 

そもそも多胎妊娠は管理入院になりやすく、様々な合併症を引き起こしやすいと言われています。

 

ではその理由をお話ししていきます。

 

管理入院になってしまうケース

まず管理入院となってしまうケースは、以下の3つがあげられます。

  • 切迫早産
  • 妊娠高血圧症候群
  • IUGR・FGR

ひとつひとつ解説している記事があるので、よければこちらをご覧ください。

妊娠中に管理入院になりやすいケース3つ

 

こういった合併症のリスクが多胎妊婦さんには多く、高確率で管理入院となってしまいます。

 

管理入院の目的としては、赤ちゃんが早くに産まれてこないようにすること。

入院することで、生活環境や食事を管理されます。

 

私は切迫早産&妊娠高血圧症候群で、妊娠8カ月をすぎたころに入院しました。

 

そこで先生に言われたのは、

 

医師
医師

蛋白の数値が高く、子宮口も縮まってきたので、今日から管理入院します。

とのこと。

 

 

要は「食事管理もできてないし、おなかが大きいのに動きすぎだよ」ということです。(義母がフィリピン人で味の濃いものばかり作って食べされられたから…ごにょごにょ)

 

まぁその生活環境を見直せば、管理入院となる確率が下がるというわけです。

 

では具体的に管理入院を回避するためには、どういったことをすればよいのでしょうか。

 

 

 

 

管理入院がなしになる秘訣3つ

管理入院してから変わったこと、それはこの3つです。

  • お腹が張る行動をしない
  • ほぼ塩分なしの食事
  • ほぼベッド生活

塩分を控えれば蛋白数値が減り、妊娠高血圧症候群になりにくくなりますし、安静にしていれば子宮口も狭くならずに済みます。

 

ひたすらお腹が張ったら横になって休む

ソファの椅子の横にある茶色と白の木製テーブル

お腹の張りはおなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼします。

 

お腹が張ったらできるだけすぐに横になって安静にしましょう。

 

そうすることで、子宮口も縮む可能性が少なくなり、結果的に切迫早産のリスクを下げられます。

 

お腹が張るとどうなるのか、またお腹の張りとはどんな感じなのか、以下の記事をご覧いただければと思います。

双子妊娠中のお腹の張りはどんな感覚?原因と対策は?頻繁に感じたら?

 

食事で塩分を摂らない

ブランド盛り合わせカップヌードル

食事で塩分を控える、簡単なようで難しいんです。

 

特に妊婦さんは自由に動けないストレスなどの理由から、無性に食べたくなるでしょう。

 

特に多胎妊娠は、おなかが重くなり臓器が通常通りうまく機能しなくなります。

そうなると塩分をうまく処理できずに、どんどん蛋白の数値が高くなってしまいます。

その結果妊娠高血圧症候群となり、管理入院となってしまうのです。

 

塩辛いものを食べたくなっても、ぐっとこらえて塩分の少ない調理をしましょう。

 

ポテチやすき焼きは厳禁です!

 

外出は検診以外控える

昼間の空の公園の写真

さっきと同じ理由で、動きすぎるとお腹が張り子宮口が縮んで切迫早産になってしまいます。

 

外出は検診以外控えて、できるだけ家で安静にしておきましょう。

 

どうしても外の空気を吸いたい場合は、歩いたり走ったり、自転車をこいでみたりしないように外出してみてください。

 

 

 

 

もし管理入院になってしまったら

管理入院になってしまった場合、家事や上の子のお世話はどうしようと悩んでいるかと思います。

そんなときはこの2つの対策を、今のうちに練っておきましょう。

  • 実母か義母に家に来てもらう
  • シッターを雇う

 

実母か義母に家に来てもらう

灰色の鋼の手すりに立っている人

「えぇ?!お母さん(お義母さん)なんか家に入れたくないよ!」

そんな声が聞こえてきました。

 

しかし家族の支えは、本当に助かるので積極的に相談しましょう。

 

シッターを雇う

グレーと白のストライプのミニドレスを着ている人

お金はかかってしまいますが、お願いしやすいのはシッターさんです。

 

世の中には家事代行サービスや、ベビーシッターなど多くのサービスがあふれています。

 

ぜひこの機会に検討してみてください。

 

ベビーシッターの比較記事はこちらからご覧ください。

もちろん東京以外でも利用可能です!

 

【ベビーシッター】東京でおすすめのサービスを比較!上手な選び方は?

 

▼超コスパの良い家事代行&ベビーシッターサービス【ピックシッター】▼

 

 

 

 

本当は管理入院した方がいい

胃を保持している女性

管理入院をしないで済む方法を、ご紹介していきました。

とはいえ本当は、医者に勧められれば管理入院をした方がいいと私は感じます。

 

管理入院をするメリット

  • もしもの時に不安になることがない
  • 妊娠に関すること以外も気軽に相談できる
  • 家事をしなくてもいい
  • 人間関係のストレスに悩まなくていい
  • 趣味に没頭できる
  • 他のママさんのお話を聞ける

などなど。メリットはたくさんあります。

 

管理入院はデメリットだらけではありません。

まずは「入院するかもしれない」と事前準備をしておくのが必要です。

 

▼関連記事▼

双子妊娠中必見!もし私がもう1度双子出産するならアレを準備する!

 

 

 

 

まとめ

今回は双子妊娠中の管理入院はまぬがれるのか、をお話ししました。

 

管理入院はまぬがれても、子育てはまぬがれません。

 

ひと時の休暇だと思って、妊娠生活をエンジョイしましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました