双子妊娠中のお腹の張りはどんな感覚?原因と対策は?頻繁に感じたら?

双子妊娠 お腹の張り

 

ほとんどの方が妊娠中にお腹の張りを感じる中、頻繁に張ってしまうと心配になるでしょう。

 

実は双子を妊娠している方は、特にお腹の張りを感じやすいんです。

 

今回はお腹の張りとはどういった感じなのか、頻繁に張るとどうなるのか、原因など経験をもとに解説していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

双子妊娠中のお腹の張りってどんな感じ?

お腹の張りは主にこういった感覚になります。

  • お腹の表面が硬くなる
  • しくしくとした感覚
  • お腹の中からきゅーっと引っ張られるような感覚
  • ガスがたくさんたまっているような感覚

といったように、あまり言葉では表しにくいですがこのような感じでした。看護師さんには、優しく押してみて硬かったら張っていると言われました。

 

だいたい妊娠7.8ヶ月になってくると張りを感じます。特に疲れた日や夕方から夜にかけて張ることが多いです。

 

ではお腹の張りはどういう状態になっているのでしょうか。

 

実は赤ちゃんがいる子宮の筋肉が硬くなっていて、子宮を支えるじん帯や膜が引っ張られている状態なんです。

 

今まで感じたことのない感覚なので、違和感と不快感を感じていた覚えがあります。

 

 

▼8年連続口コミ1位の葉酸サプリ!ずーっと20%OFF!▼

 

 

 

お腹が張る原因5つ

お腹が張る原因は主にこの5つといわれています。

  • 重いものを持ってしまった
  • 少しの間立ったままだった
  • 歩きすぎた
  • 精神的ストレス
  • おなかの赤ちゃんが元気に暴れた

特に上4つは、妊娠中に避けなければいけない行為です。買い物等で仕方ないかもしれませんが、できるだけ周りの人に頼りましょう。

 

私は妊娠中期の頃仕事で「大丈夫大丈夫♪」と言いながら重いものを普通に持っていましたが、それが原因でお腹が張り苦しくなりました。

 

 

 

 

お腹が張るとどうなる?対策は?

お腹が頻繁に張ると、子宮頚管が短くなりやすくなります。それと同時に赤ちゃんの部屋が狭くなり、酸素が行き届かなくなってしまいます。

 

最悪の場合、切迫早産や流産といった結果になることもあり得ます。

 

お腹の張りは横になって休むことも大切ですし、短時間の入浴でもある程度は防げます

 

ゆっくり湯船に浸かればリラックス効果を得られるので、短時間でも湯船に浸かりましょう。ただ細菌感染すると本末転倒なので、温泉ではなく自宅での入浴をおすすめします。

 

それではお腹が張るとどうなるのか、妊娠初期・中期・後期と分けて解説していきます。

 

妊娠初期のお腹の張り

妊娠初期は、お腹が張ったという感覚に気づかない人が多数です。初めての妊娠だと、なおさらお腹の張りがどういったものか分からないでしょう。

 

しかし気づかないうちにお腹が張っていることがあります。じん帯が引っ張られるような痛みや、生理痛に近い痛みなど感じ方はさまざま。

 

妊娠初期でお腹が出ていないからと言って油断はできません。

 

妊娠前と同じように歩きすぎたり、立ちすぎたりと身体や精神に負担がかかることは、なるべく避けましょう。

 

もし安静にしていても出血があった場合は、早急に産院へ行きましょう。

 

妊娠初期に百貨店を歩き回っていたら、だんだんとお腹がパーンとしたような感覚に襲われ、なんとなく危険を感じました。

 

近くにイスがあったので、座って1時間ほどお腹をさすっていたら、ようやく治まりホット一安心。

 

それからは怖くなってしまい、外出を控えるようになりました。

 

妊娠前と同じ生活は危ないよ!と、赤ちゃんが教えてくれていたのかもしれません。

 

妊娠中期のお腹の張り

妊娠中期から”お腹の張り”を感じるママが多くなってきます。

 

張りが出てきたすぐに座ったり、横になったりして休みましょう。しばらく休んで張りがなくなれば、心配することではありません。

 

休憩していても以下の症状がある方は要注意です。

  • 痛みがある
  • 痛みがどんどん強くなる
  • 出血している
  • 1時間以上張っている
  • 1時間に3回以上張る

このような症状があると、子宮の中で胎盤がはがれてしまい、胎児の酸素が不足してしまいます。おかしいと感じたらすぐに産院へ行き先生に診てもらいましょう。

 

友人は妊娠中期に東京から実家へ帰るために長時間移動をしましたが、その時も頻繁にお腹が張ったようです。

 

帰省も妊娠中期は避け、初期の段階からしておいた方がよさそうです。

 

それに加えて男性はお腹の張りの辛さを理解してもらいづらいです。少しでもお腹に異変を感じたらちゃんと話すようにしましょう。

 

妊娠中期にお腹の張りが多いと、管理入院になる可能性が高くなります。

 

管理入院については、以下の記事に詳しく載っていますのでぜひご覧ください。

双子妊娠の管理入院って?どんな生活?普通の入院と大きく違う!?

 

妊娠後期のお腹の張り

妊娠後期のお腹の張りは中期よりももっと気を付けるべき時期です。多胎妊娠ではないのママさんは後期からお腹の張りに気づくでしょう。

 

後期は疲れやストレスで子宮が収縮しお腹が張ってしまい、おなかを触ると分かりやすく硬くなります。

 

横になって安静にしても治まらなかったり、出血してしまったりする場合は、切迫早産や陣痛の可能性があるので注意が必要です。

 

また定期的に痛む場合は陣痛の疑いがあります。1時間に5回以上張りを感じる方は早めに受診しましょう。

 

私は管理入院をしていたので、毎日赤ちゃんの様子やお腹の張りの状態を診てもらっていました。

 

双子妊娠は特に管理入院となりやすいので、詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

双子妊娠の管理入院って?どんな生活?普通の入院と大きく違う!?

 

 

 

 

まとめ

今回は双子妊娠のお腹の張りの感覚や、原因と対策について解説しました。

 

妊娠していても家族に痛みやリスクを理解されず、ベッドで横になっていると叱られるママもいました。

 

妊娠生活を出来る限りストレスなく過ごすのが、赤ちゃんとママの一番の幸せです。

 

▼関連記事▼

双子妊娠中必見!もし私がもう1度双子出産するならアレを準備する!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました