双子妊娠のつわり体験談!簡単に赤ちゃんに必要な栄養を摂る方法!

双子妊娠 つわり

 

双子妊娠のつわりってどれくらいなの?1人よりも辛い?

 

そんなお悩みを持つ双子妊娠初期の女性向けに、今回は体験談を含め、双子妊娠のつわりについてまとめました。

 

この記事で話すこと

  • 私が体験した双子妊娠のつわり
  • つわりで体重が減ってもいいのか?
  • つわり対策、軽減法
  • つわりの原因について
  • 栄養が偏りがちな妊娠初期に摂取するべきもの

 

 

スポンサーリンク

【体験談】双子妊娠中のつわり

双子を妊娠中のつわりは、妊娠5週目から約14週目まで続きました。すぐにおさまったわけでなく、その後1ヶ月くらいかけて徐々におさまった具合です。

 

食べたいのに気持ち悪い

私のつわりは厄介で、どうしようもなくおなかが空くのに、食べるともっと気持ち悪くなって戻してしまう状態でした。つわりは人生で一番たくさんリバースした時期です。

 

要は頭では食べたい信号を出しているのに、胃は受け付けないという、まるで上司と部下の板挟みのような感じです。

 

寝ても覚めても気持ち悪くて食べては吐いて、朝起きて旦那を送ってから帰宅までベッドで休んで、ほぼ動けませんでした。

 

すっぱい飴やオレンジジュースを摂取

妊婦さんあるあるですが、ほぼ毎日柑橘系が食べたくて、オレンジジュースでなんとか、しのいでました。やはり、気持ち悪いとなにかすっぱいもので、まぎらわせたかったんだと思います。

 

しかし飴やジュースは、飲みすぎると糖の摂りすぎでお医者さんに怒られてしまうので注意が必要です。

 

大好きな物が嫌いになる

そして幼いころから大好きな”うどん”が嫌いになりました。(今は大好きです)大好きな物が嫌いになるなんて最悪です…。

 

匂いづわりも…

他にもご飯の炊ける匂い、トイレ掃除、タオルの殺菌集、生ごみなど、もう家事もろくにできなかったのを覚えています。

 

ろくに仕事に行けない

私はそのころ仕事をしていたのですが、2.3日に1回しか仕事に行けず、給料もらうはずが毎月税金等を支払いに行っていました。

 

そんな常に二日酔い、胃腸炎、船酔いのような状態が、2ヶ月ちょっとも続いてたなんて今でも恐ろしいです…。

 

 

妊娠初期につわりで体重が減っても大丈夫?!

つわりがひどい妊婦さんはほとんどの方が体重減少したと思います。私の場合、妊娠前からつわりが終わるころまでに3kg程痩せてしまいました。(まだ少ない方です)

 

しかし研究結果では、つわりでご飯が食べられなくても、たばこや飲酒をしなければ、赤ちゃんの発育に影響はないとの結果が出ています。

参考:BMC妊娠と出産

 

ただ体重の5%が減少、もしくは水さえも飲めないくらいであれば、早めに病院で検査してもらいましょう。入院して点滴をうってもらったりなど対応をしてくれます。

 

 

妊娠初期のつわり対策・軽減法

私が実際に行っていたつわり対策をご紹介します。あくまで気持ち程度です…。

 

柑橘系でまぎらわせる

2つのレモン

先程言ったように、つわりには定番の柑橘系です。

 

オレンジ・グレープフルーツ・みかん・レモンなどのジュースや缶詰で乗り切りましょう。

 

手首のツボはかなり効く

ほんの一瞬でもいいから吐き気をおさえたかった私はよく手首のツボを押していました。

 

これがまた効くんです。※個人差があります。

 

図のように手首から指3本分の位置にツボがあるので、そこを押します。

 

 

出典:症状別ツボ辞典

 

水が飲めないなら氷をなめよう

吐きづわりは水分を奪います。「水さえも飲めない」という方は氷をなめて水分補給をしましょう。

 

体が冷えてしまうので、なめすぎ注意です。

 

夢中になるものを見つける

つわりの中、吐き気を忘れられるのは寝ている間かなにかに夢中になっているときくらいです。

 

ゲームをしたり、おさんぽをしたり、お家で映画を見たり、友達と話したり、気分を変えられる”なにか”を見つけましょう。

 

 

どうしてつわりが起きるの?

ではそもそもどうしてつわりがおきるのでしょうか?

 

それはずばり女性ホルモンバランスの変化のため。妊娠すると母体が「あれ?なにこれ?」という状態になり、吐き気、嘔吐、倦怠感がおきます。

 

あまりにも脱水症状や栄養不足がひどくなると、入院を要する場合があります。

 

またこの妊娠初期にビタミンを多くとると、精神的に不安定になりにくくなるので、ビタミンを摂取するように心がけましょう。

 

 

妊娠中は必ず”葉酸”を摂取しよう

妊娠初期にかかせないのが”葉酸”です。

 

これは妊娠初期に赤ちゃんにとって大切な神経や細胞を作るのに重要なビタミンです。

 

十分な葉酸を摂取することで、産まれてくる赤ちゃんの先天性異常のリスクを減らしてくれる効果もあるんですよ。

 

また妊娠初期は特に、つわりで栄養が取れず、貧血になってしまうこともしばしば。私は妊娠初期から出産直前まで貧血で、妊娠後期は鉄分の注射を毎日していました。

 

赤ちゃんの分の血液も作るので通常の2倍以上鉄が必要になってきます。

 

葉酸サプリを毎日飲もう

そんな大事な鉄分と葉酸が含まれた、おすすめのサプリメントをご紹介します。

 

厚生労働省が推奨している『ジュンビー葉酸サプリ』です。

  • 葉酸
  • 20種類のビタミンとミネラル
  • お米由来の乳酸菌
  • カルシウム

これらが配合され、赤ちゃんにしっかり届けてくれます。

 

しかし出産後の授乳時期も飲むものなので、信頼できるサプリがいいですよね。でも大丈夫。こちらは厚生労働省が推奨しているサプリメントなんです!

 

”国産・無添加”なので品質は医薬品レベルの徹底管理で安心安全。

 

しかも初回なんと1,980円(税込)送料込みでお試しできちゃいます。

 

ぜひこの機会にお試しください。

ジュンビー葉酸サプリHP

 

 

まとめ

今回は妊娠中のつわり体験談、体重減少について、つわりの軽減方法、葉酸サプリについてをご紹介しました。

 

妊娠初期のつらい時期を乗り越えれば、あとは愛しいわが子に会えるまで準備するのみです!

 

双子の出産準備についての記事は双子妊娠中必見!もし私がもう1度双子出産するならアレを準備する!の記事をご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました