乳児湿疹の原因は?ストレスが関係している?!対策とケアの仕方は?

 

ある日突然わが子にできた湿疹!

それは乳児湿疹かもしれません。

 

今回は乳児湿疹の原因と私が行った対策方法、そしてそんな肌トラブルにおすすめのローションをご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

乳児湿疹の原因とは?ストレスが関係している?

 

乳児湿疹とは肌トラブルの病気ではなく、生後1~2週間ごろから生後1年前後までの赤ちゃんによくできる湿疹の総称です。

 

ほとんどの場合、生後2.3か月あたりから発症します。

 

主に首まわり、脇の下、ひざ・ひじの裏など汗をかきやすく蒸れやすい場所、そしてほほ・おでこなどの皮脂の多い部分に発症します。

 

 

乳児湿疹とストレスとの関係性

赤ちゃんはストレスを感じると掻いてしまう子がまれにいます。

 

私の双子の妹は1歳半を過ぎましたが、姉におもちゃを取られると指しゃぶりをしながら、いまだに首やおしりを掻く癖があります。

 

もともと乾燥肌なので癖になってしまっているのかもしれません。

 

 

乳児湿疹の原因:新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹

まずはこの2つの症状と原因についてです。新生児ニキビと乳児湿疹は、以下のような症状が発症します。

 

  • 新生児ニキビ

主に顔にできる、赤色または白色の大人ニキビのようなポツポツがでる症状。

 

  • 乳児脂漏性湿疹

髪の生え際や顔に発症する、黄色味がかったうろこ状のかさぶたのようなものができる症状。

 

 

これらの原因は、お母さんの女性ホルモンが影響しています。

 

新生児から1歳まではどうしても、女性ホルモンの影響で赤ちゃんの皮脂分泌が多くなります。

 

女性ホルモンは妊娠中に胎盤を通して赤ちゃんに渡され、産まれた後も赤ちゃんの体内に残っています。

 

さらに赤ちゃんの毛穴は小さく、皮脂がつまりやすいこともあり、乳児湿疹が起こってしまうのです。

 

 

乳児湿疹の原因:あせも

あせもには2種類あり、透明のあせも(水晶様汗疹)と、赤いあせも(紅色汗疹)に分けられています。

 

この2つの違いは、皮膚の浅い場所で起きているか深い場所で起きているかによって違います。

 

  • 透明のあせも(水晶様汗疹)

皮膚のごく浅い場所で汗腺の詰まりが起きたもの。

 

  • 赤いあせも(紅色汗疹)

透明のあせもより少し深い場所で汗腺の詰まりが起きたもの。

 

 

あせもの主な原因は、夏場など高温多湿の環境で、大量の汗をかくことから発症します。

 

汗やホコリで、毛穴の中の汗腺が詰まってしまい、汗がスムーズに排出されず皮膚の中にたまることで炎症が起きます。

 

 

 

 

私が行った乳児湿疹の対策方法

私がやってみた対策は、以下の2点です。

 

  • お風呂での洗い方に気を付ける
  • お薬を塗ってスキンケアももっと優しいものに変えた

 

 

お風呂での洗い方

お風呂では、乳児湿疹の原因である過剰な皮脂を落としてあげることが重要です。そこで注意しておきたいのが以下の4つです。

 

①赤ちゃんをお風呂に入れる前に、大人の手をキレイに洗う。

汚れた手で湿疹に触れてしまうと悪化してしまう可能性があります。

 

②泡で出てくるタイプのせっけんを使う。

泡タイプを使うことによって、摩擦で湿疹を傷めずに済みます。

 

③できるだけ湿疹部分に指で触れてしまわないよう、泡で洗う。

洗う時にタオルやスポンジ、ガーゼなどでこすらないようにしましょう。

 

④せっけんが残らないようにしっかりと洗い流し、タオルでぽんぽんと優しく水気を拭き取る。

 

せっけんが残ってしまうと菌が繁殖してしまいます。

しっかりとぬるま湯で流してあげましょう。

 

水分が残っているとまた荒れることがあるので、できるだけ水分を残さないようにしましょう。

 

 

お薬とスキンケア

お風呂あがりの肌が乾いてしまう前に、湿疹が起きてしまった所にだけ、処方された塗り薬を塗ります。

 

お薬も何度もくるくるとすりこまずに、自分の指が触れてしまわないよう、多めに優しく塗ることが大切です。

 

そしてお薬を塗ったら上から全身にローションを塗ってあげましょう。

 

いつもは市販でよく売られている安めの赤ちゃん用ベビーローションを使っていましたが、乳児湿疹を機会にスキンケアを変えました。

 

娘に使っていたのは、ドルチボーレというブランドの「ミルキーベビーローション」です。

 

こちらは「ベビモ」や「ひよこクラブ」の雑誌で紹介された商品です。

 

無添加なのにしっかりお肌を乾燥等の刺激から守ってくれ、赤ちゃんの薄いお肌に優しい商品です。

 

私も敏感肌で乾燥肌なので、ついでに化粧水の後に一緒に塗っていました(笑)

 

 

 

そんな感じで「お薬→スキンケア」を毎日繰り返していくと、1週間程度で赤いポツポツが引いていき、元のすべすべお肌に戻ってくれました。

 

症状が引いてからも継続的にスキンケアをしてあげたことで、その後乳児湿疹になることはありませんでした。

 

放っておいても治るという情報もありますが、早めに病院に行って先生に診てもらうのが正解です。

 

 

スキンケアベビーローションが気になる方は以下のリンクをタップ!

ドルチボーレ「ミルキーベビーローション」

 

 

私の娘も乳児湿疹に…お医者さんに言われたこと

私の双子の妹も生後1~2か月の時、急におでこ周りに黄色いかさぶたのようなものができました。

 

「なんじゃこりゃ?!」と慌てて病院へ。

 

そこで病院の先生に言われたのは「乳児脂漏性湿疹ですねー」とのことでした。

 

原因を聞いたところ、

 

医師
医師

お母さんの女性ホルモンが赤ちゃんの体内に残っていて、その影響で皮脂の分泌量がとても多くなるんです。さらに赤ちゃんは毛穴が小さいので皮脂が詰まって炎症がおこりやすいんです。これは多くの赤ちゃんに共通することなので心配することないですよ。

 

と言われました。

 

初めてのことだったので焦りましたが、「そういうものなんだー」と安心したことを覚えています。

 

 

 

 

まとめ

今回は乳児湿疹の原因と対策方法をご紹介しました。

 

乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんに起こり得る症状です。

 

そして乳児湿疹の原因は「ストレス」「女性ホルモン」「夏場の汗」のどれか。

 

大切なのは病院で診てもらう事とスキンケアを見直すことです。

 

ぜひ今回ご紹介した対策方法を試してみてください!

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました