育児中の主婦にロボット掃除機は必要?メリットとデメリットと比較!

 

「子育てママにとってロボット掃除機は必要?」

 

「ママがロボット掃除機に求める機能って?」

 

こんな疑問をお持ちではありませんか?

 

今回はロボット掃除機を購入したいけど悩んでいるママさんのために、ロボット掃除機の必要性について解説していきます。

 

具体的には、

  • 育児ママが重視するべき機能7つ
  • 子育て家族にロボット掃除機を使うメリットとデメリット
  • リーズナブルな価格のロボット掃除機を3つ比較

の順番でご紹介していきます。

 

本記事を読めばロボット掃除機が必要なのか簡単に分かるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

育児には掃除機が必要不可欠!でもロボット掃除機は必要?

 

小さな子供を育児しているときに欠かせないのが掃除機ですよね。

 

ご飯は食べ散らかすわ、お菓子持ちながら歩くわで、床が食べカスでいっぱい…。

掃除機は一日5回かけます。(うちだけ…?)

 

掃除機かける時間があったら、他のことができるのに…。

 

そこで欲しくなったのが、床に這いつくばって綺麗にしてくれるロボット掃除機!

育児ママが求めるロボット掃除機の機能と、メリットとデメリットを考えてみました。

 

何を基準に選べばいいのか、参考にしていただけたら幸いです。

育児ママが重視するべき機能

育児ママがロボット掃除機に求める機能を、いくつか挙げてみました。

 

育児ママがロボット掃除機に求める機能

  • 外出中でもスマホで起動できる(共働きの場合)
  • 子供がお昼寝中でもうるさくない
  • ベビーゲートの下をくぐれる高さ
  • 家計に優しい価格
  • 子供の落とした食べカスもしっかり吸ってくれる

 

1人暮らしであれば問題ないところもありますが、上記のようにファミリー層にとっては気を使わなければならない点がいろいろ出てきます。

 

子供のいない外出中にササっとかけてほしい時は、予約機能やスマホ連携機能が必須ですし、掃除箇所を指定できたりすればもっと便利ですよね。

 

しかしロボット掃除機を購入する上で心配なのが、子供がイタズラして壊さないか、というところです。

 

壊れにくさの面もしっかり見て選びたい所です。

 

 

 

 

 

【主婦目線】ロボット掃除機のメリット

子育て中の主婦がロボット掃除機を使うメリットは4個です。

 

  • 掃除機をかける時間が省けるので他の作業ができる
  • 腰痛が緩和される
  • 毎日掃除すればダニやハウスダストのアレルギー対策になる
  • おもちゃなどの障害物をよけて掃除してくれる

 

ダニやハウスダストは子供の天敵です。朝起きて人があるけば、空気中の目に見えないホコリがダニとハウスダストと一緒に舞います。

 

朝起きる前に終わるようにロボット掃除機を予約しておけば、気持ちよく朝を迎えられますよ。

 

また時間や体の負荷がかからないことが、ロボット掃除機のメリットと言えます。

 

「なくてはならない存在」っていうよりも、「あったらすごく便利」って感じだね!

 

 

 

 

 

【主婦目線】ロボット掃除機のデメリット

ロボット掃除機のデメリットは以下の9個です。

 

  • 安価なロボット掃除機だと部屋の範囲を認識しないため効率が悪い動きをする
  • 掃除機と併用する場合どちらも手入れしないといけない
  • 静音性がないものは夜間と子供のお昼寝中は稼働できない
  • 小さなおもちゃの段差に乗り越えようすると引っかかってそのまま動かなくなる
  • ぶつかって物を倒してしまう可能性がある
  • ロボット掃除機が段差を乗り越えようと何度も挑戦して床が傷つく
  • 小さなおもちゃを吸い込んで止まる
  • 広い部屋だと迷子になる
  • 子供が水をこぼしたままにしていると水を吸って故障する

 

こういったデメリットは一部気を付けていれば回避できますが、忙しいママにとっては逆にロボット掃除機に気を遣って逆に大変になってしまうかもしれません。

 

「時間や労力をお金で買う」という言葉がありますが、ロボット掃除機の場合まだ技術が進歩していないため逆に面倒になってしまうでしょう。

 

 

 

 

 

【1~2万円台】子育て主婦におすすめのロボット掃除機3つ

メリットとデメリットをご紹介しましたが、それを踏まえたうえでたくさんのロボット掃除機の中から3つピックアップしてみました!

 

お金に余裕が出てきたら購入しようと思ってるよ!

 

子育てママにおすすめのロボット掃除機を順番にご紹介していきます。

アイライフ V3s Pro:格安で最低限の機能を持ち合わせるロボット掃除機

出典:ILIFE アイライフ V3s Pro

 

価格.com最安値 16,900円(2020年8月11日時点)

 

アイライフはロボット掃除機を専門とする中国メーカーです。2010年に創業し、2017年に『アイライフジャパン』という名前で、日本でも販売されるようになりました。

 

安さが売りのアイライフですが、V3s Proにはどういった機能があるのかご紹介します。

 

高さ充電時間稼働時間乗り越えられる段差吸引力スマホ操作
7.6cm約4時間40分約2時間約1cm
記載無し×

 

【稼働音】
音は静かではないけど、そこまでうるさくもないため子供が寝ていても離れていれば大丈夫そうです。

 

【充電ドックへの帰還】
充電ドックの設置する箇所によっては、信号が見つからないと迷子になって運転が止まる場合があります。

 

 

【リモコン】
ボタンがシンプルで分かりやすく、リモコンで進行方向のを指示することができたり、指定時間に予約したりできます。特定の場所を狙って掃除する機能や、壁沿いにそって掃除する機能、そして予約機能があるため、臨機応変に掃除ができます。

 

 

【ゴミ捨て】
本体の上部分のフタをあけ、ダストボックスから主フィルターを外して捨てます。サッと捨てられる構造ではないため、少し面倒ですが私の使っているコードレス掃除機もそんな感じなので、許容範囲だと思います。ボックスを出しても、取っ手がついているためゴミがこぼれにくくなっています。

 

マイホーム、安価なロボット掃除機買ってみた【ILIFE V3・アイライフ・ルンバ】

 

【総評】

アイライフ V3s Proは『LDK the Best 2019-20』のベストバイに掲載された商品で気になって調べてみました。

 

ロボット掃除機の最低限の機能で、低価格を叶えている印象です。毛足の長いカーペットでもつまずくことなく、停止せずに稼働してくれます。

 

ロボット掃除機の中でも安めな1万円台ですが、強力吸引でしっかりゴミが吸え、部屋全体を回ってくれるため、コストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。

 

Anker Eufy(ユーフィ) RoboVac 11S:アパートマンションにおすすめのロボット掃除機

出典:Anker Eufy RoboVac 11S

 

価格.com最安値 17,800円(2020年8月11日時点)

 

Ankerとはモバイル充電器やBluetoothスピーカー、バッテリーなどで有名なブランドです。

 

Ankerの製品をいくつか購入したことがありますが、Bluetoothスピーカーは5.6年ほど使っていますし、充電ケーブルもよく購入しています。

 

個人的にAnkerの製品を信用しているため、購入を検討しました。

 

Ankerのロボット掃除機は5種類あります。

 

その中でも1万円台で格安の「RoboVac 11S」を選びました。

 

そんなRoboVac 11Sの性能は以下の通りです。

 

高さ充電時間稼働時間乗り越えられる段差吸引力スマホ操作
7.2cm約5時間~6時間最大1時間40分
約1.6cm最大1300Pa×

 

【稼働音】
稼働音は55〜65dBと、電子レンジの稼働音と同じくらいの大きさで、掃除機にしては割と静かめ。
しかし壁以外の障壁には少し強めに衝突するそうです。

センサーがついているため、キズが付くほど強く衝突することはないので安心です。
家具の色などで認識できない場合があるようです。

 

【掃除モード自動切り替え】
カーペットとフローリングを自動で判別してモードを切り替えられる機能が搭載されています。

 

【リモコン】
RoboVac 11Sのリモコンも同じくシンプルで使いやすそうです。
こちらもスマホでの操作はできません。

 

Eufy RoboVac 11Sお掃除の様子

 

【総評】
RoboVac 11Sの動きを動画で見てみると、効率の悪いランダムな動きをしているのが分かりました。

 

私が手動で掃除機をかけても、ガンガンと普通に家具や壁に当ててしまうので(雑い)、ロボット掃除機の家具への衝撃に関しては目を伏せられると思いました。

 

ただ掃除中に、コード類や毛足の長いカーペットを巻き込みそのまま停止してしまう恐れがあります。

もう少し高価なロボット掃除機を選択すれば、自動でからまりを戻してくれる機能がついています。

 

しかし子供のいる家庭はほとんどの場合、コードの出しっぱなしはあまりないと思います。(子供が舐めてしまうため)

 

私のようなファミリー層のご家庭には、高価なものじゃなくRoboVac 11Sでも充分かと思います。

 

エコバックス DEEBOT N79:スマホで完結!吸引力が欲しいならこれ!

出典:エコバックス DEEBOT N79

 

価格.com最安値 14,260円(2020年8月11日時点)

 

エコバックスは、2006年に創業した中国のメーカーです。

 

日本ではあまり知られていないメーカーですが、実は市場占有率世界第2位の企業なんです。

 

通常のロボット掃除機の他に、家庭用の窓ふきロボット掃除機や、空気清浄機なども取り扱っています。

 

今回紹介するのはDEEBOT N79です。

性能を見ていきましょう。

 

高さ充電時間稼働時間乗り越えられる段差吸引力スマホ操作
7.8mm約4~5時間最大2時間
約1cm最大1500Pa

 

【稼働音】
通常よりも吸引力は劣りますが、稼働音が小さい静音モードが搭載されており、子供がお昼寝中でも安心して掃除できます

 

【リモコン】
リモコンはシンプルなデザインで分かりやすい。
今回ご紹介した中で唯一スマホに対応しています。

Wi-Fiで初期設定すれば、あとは外出中でも自動運転を開始できます。
スケジュール設定もスマホから予約できるので、リモコンいらずです!

 

【ゴミ捨て】
N79は横から引っ張ってダストボックスを出すタイプです。

ロボット掃除機にしては大きめのサイズなので、毎日取り換える必要もないのかもしれません。

ブラシなどの消耗品はAmazonの『エコバックスジャパン』で個別に販売されているため、長く使えるのも魅力です。

 

ロボット掃除機 ECOVACS DEEBOT N79使用レビュー

 

【総評】
先ほどと違うところはスマホ操作ができるところ、吸引力が強いところです。

スマホ操作や吸引力が欲しい方にはおすすめです。

 

 

 

 

 

3つのロボット掃除機を比較!

 

 税込価格高さ充電時間稼働時間段差吸引力スマホ
アイライフ V3s Pro16,900円7.6cm約4時間40分約2時間約1cm記載無し×
Anker Eufy RoboVac 11S17,800円7.2cm約5時間~6時間最大1時間40分約1.6cm最大1300Pa×
エコバックス DEEBOT N7914,260円7.8mm約4~5時間最大2時間
約1cm最大1500Pa

 

価格重視で最低限の機能を求めるなら、アイライフ V3s Pro。

 

部屋が狭めで、高さと段差乗り越え重視なら、Anker Eufy RoboVac 11S。

 

スマホ操作と吸引力を重視するなら、エコバックス DEEBOT N79がおすすめです。

 

 

 

 

 

まとめ

今回はロボット掃除機は子育て中のママに必要なのか、ロボット掃除機の比較をしてみました。

 

これから赤ちゃんを産む中、少しでも家事を自動化して減らしたいママや、家事育児に仕事に追われていて少しでも効率よくロボットに掃除をさせたいママなど様々だと思います。

 

そういう主婦たちにとってロボット掃除機は必要なのか?効率的なのか?どういった機能を重視すればよいのかについてご紹介しました。

 

この記事が少しでも役立てられたら幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました