新生児服何枚着るのが正解?春夏秋冬の服の着せ方、洗濯の仕方とは?

 

初めての新生児服選び、迷いますよね。

 

どんな種類があるのか、どんな生地を選んだらよいのか、何枚着せたらよいのか分かりません。ベビー用品のお店で実物を見ると、よりいっそう悩んでしまいます。

 

なので今回は、

  • 新生児の服の種類
  • 何枚着るのが正解か
  • 季節別服の着せ方
  • 新生児服の正しい洗濯の仕方

をご紹介していきます。

新生児服選びの参考にしてみてください!

 

▼関連記事▼

乳児湿疹の原因は?ストレスが関係している?!対策とケアの仕方は?

 

 

 

 

スポンサーリンク

新生児服って何枚着るのが正解なの?服の種類は?

男がビーチの上を歩く赤ちゃんを支援

まずは新生児の服にはどんな種類があるのでしょうか。

 

新生児の服には、肌着・カバーオール・アウター・小物の4種類があります。

それぞれ用途別に詳しくみていきましょう。

 

肌着

  • 短肌着

Tシャツのような腰までの長さの肌着。

一番下に着せる服です。

素材はコットン100%のものがほとんどです。

 

 

  • 長肌着

足首くらいまでの長さで寒い時に短肌着と重ねて着せる服です。

 

スナップボタンがついていないので、おむつ替えが頻繁な新生児に便利な服です。しかしずりあがってくると、お腹が見えてしまうので注意が必要です。

 

 

  • コンビ肌着

長肌着のボタン付きです。

股の部分にスナップボタンがつているので、足の動きが活発な時期に重宝します。

 

上着

上着とは肌着の上に着られるもので、スナップボタンがついているものがほとんどです。

 

  • カバーオール

部屋着として使えるのがこのカバーオール。

形はコンビ服と似ていますが、外出用にタグや縫い目が内側になっているので、必ず肌着を中に着せましょう。

 

 

  • ドレスオール

先ほどのカバーオールの場合だとズボンのようになりますが、このドレスオールはすそがワンピースのようになっています。

 

うんちの頻度が高くおむつ替えが頻繁で、足がまだバタバタと動かさない新生児にぴったりな上着です。外出先でもおむつ替えがしやすい形となっています。

 

 

  • ツーウェイオール(2WAYオール)

2WAYオールとはその名も通り、2通りの着せ方ができる服です。

1着でズボンにもワンピースになれる万能なアイテムです。

 

 

  • ベビードレス

ベビードレスは退院のときやお宮参りなど、日常的ではなく特別な日の正装として着せます。

 

アウター

冬の外出に欠かせないのアウター。

体温調節が苦手な新生児におすすめのアウターは以下の3つです。

 

  • ベスト
  • カーディガン
  • ジャンプスーツ

ベストとカーディガンはちょっと寒い時に使えて、着脱も簡単なのでよく使用していました。ジャンプスーツは足先まで全てを覆っている服のことで、真冬の寒い時期に使用します。

 

かなり寒い日の外出時はジャンプスーツ、涼しいけど少し肌寒い時はベストやカーディガンを使用するといいですね。

小物

小物には以下の4つがあります。

  • おくるみ
  • 帽子
  • ミトン
  • くつした

 

どれもそのときの気温に合わせて使うものなんですが、新生児はすぐに外れてしまうので、ぴったりサイズを選ぶと良いでしょう。

 

赤ちゃんは基本的に体温が高めなので、ママの体感よりもちょっと寒いくらいの服を着せてあげるのがベストです。

 

また足先は、体温調整するために”はだし”が好ましいです。足の裏で体全体の体温を調整する役割があるため、部屋で過ごすときは靴下を履かせないようにしましょう。

 

新生児の服は何枚着るのが正解?

赤ちゃんの体重やその時の気温によって変わりますが、私の経験上以下のような枚数が最適といえます。

 

  • 寒い時

短肌着+長肌着+上着

 

  • 暑い時

短肌着のみ

 

  • 涼しい時

短肌着+長肌着(上着)

 

赤ちゃんの体調や機嫌、背中汗を見ながら調整していきましょう。

 

 

 

双子の新生児服に必要な枚数は?

私の双子の場合、うんちをよく漏らしなおかつ片方はよく吐く子で、11月生まれという事もあり、服はたくさん用意しました。

 

実際に用意した枚数はこんな感じです。

  • 短肌着 10枚
  • 長肌着 6枚
  • コンビ肌着 6枚
  • 上着(2WAYオールなど) 16枚

特に2ウェイオールなどの上着は、出産祝いでたくさんもらいました。1人の場合は、これの半分よりも少し多めくらい持っていれば良いでしょう。

 

新生児はとにかくうんちがゆるゆるなので、おむつをしていてもすぐに横からもれてしまいます。なのでこれだけ持っていれば、安心です。外出先でも普通に着替えることが多いので多めに持っておきましょう。

 

ちなみに1日1回洗濯して、ほぼすべての服をフル活用していました。

 

▼0~2歳向けベビー用品が勢揃い!コンビのオンラインショップ▼

 

 

 

 

春夏秋冬別!新生児の服の着せ方

大人と一緒に海岸を歩く幼児

新生児はまだ自分で体温調節ができません。

 

赤ちゃんは体温が高めで、大人と体感が異なります。だからこそママが上手に着せてあげることが必要なんです。

 

寒がりな子暑がりな子と個人差があるので、「これが正解」という着せ方はありませんが、目安として以下のような着せ方をしてみましょう。

 

春と秋の着せ方

春と秋は暖かい日と寒い日とまちまちです。外出時は体温調節がしやすいベストやカーディガン、そして帽子あると便利です。

 

少し肌寒いときのおでかけには、短肌着にコンビ肌着を重ね着して、上着を着せるのがベターです。トータルで3枚くらいがいいでしょう。

 

逆に少し暑くなるような日のおでかけには、短肌着+ツーウェイオールを着せてあげましょう。
その際は肌着の着替えと、薄手のブランケットを忘れずに!

 

 

おうちでねんねをするときは、写真のように短肌着と長肌着の2枚で十分でした。汗をかいているときは、全て脱がしてから汗をふき取り、1枚服を減らして新しい服に着せ替えましょう。

 

新生児は毛穴が小さいので汗で湿疹を起こしやすいです。汗をかいたりミルクを吐いたら毎度交換してあげるといいですよ。

 

夏の着せ方

家の中で扇風機をつけて過ごす場合、短肌着一枚にタオルケットを重ねて寝かしてあげましょう。扇風機の風が、直接赤ちゃんに当たらないように配慮してあげるのが大切です。

 

お家や外出先でエアコンを使っている場合は注意です。エアコンの風が直接あたらないようにするのはもちろん、冷えすぎないように室温が26~28度になるように調整しましょう。

 

家や外出先でエアコンの冷えが心配であれば、短肌着+長肌着、そしてタオルケットをかけてあげましょう。

 

反対に外の炎天下をベビーカーでおさんぽするときは、通気性の良い短肌着を1枚着せてあげてください。汗をかくことを想定して、肌着の着替えを持ち歩くと良いですよ。

 

その際暑いからといって肌を露出しすぎると、紫外線を浴びて皮膚に炎症を起こしてしまうおそれがあります。紫外線を吸収してくれる黒の薄手のカーディガンでカバーしてあげると良いでしょう。

 

また赤ちゃんはちょっとしたことであせもになりやすいので、気づいたときにガーゼで汗をふき取ってあげると湿疹を避けられます。

 

冬の着せ方

冬は短肌着+長肌着+カバーオール等の合計3枚を着せていました。

部屋の温度は20~22度になるように調整しましょう。

 

しかし寒いからいと言って厚着をしすぎると、かえって汗をかいてあせもになる可能性があります。

 

冬の外での散歩の場合は、短肌着・長肌着・コンビドレスの3枚に加えて、ジャンプスーツなどのア

ウターを着せてあげてもいいですね。

 

 

 

新生児平熱が37℃と高めでとても暑がりです。着せる洋服の枚数は大人より一枚少ない枚数で用意してあげましょう。

 

ときどき赤ちゃんの背中に手を入れて、汗をかきすぎていないかこまめにチェックしてあげると良いですよ。

 

 

 

そういえば新生児の定期健診で真冬に外出した時、とりあえずたくさん着せようと思って大人と同じくらいの枚数を着せていました。しかし着いてから見てみると汗だくに…。

 

顔が赤くなっていたので熱があるのかと思ったのですが、先生に診てもらうと「着せすぎたね」と笑われました。

 

真冬の外でならたくさん着せてもいいですが、病院内や車や電車の中では、一枚少なめにしておきましょう。

 

友人の子どもは8歳ですが、自分で洋服選びをする際、大人よりも少なめに服を選んでいると言っていました。この話からでも大人の服の選び方では、子供にとってはずいぶん暑いのがわかります。

 

 

 

 

新生児服の洗濯の仕方

物干しに赤いクリップの選択と集中

 

新生児用の服買ってみたは良いものの、普通に洗って大丈夫なの?

 

大丈夫じゃないです!赤ちゃんの肌はデリケートなので、以下のように洗濯しましょう。

 

新品を洗濯する場合

新しく新生児服を購入したら、まずは水通しをしましょう。新品の服はのりがついてパリッとしているので、赤ちゃんにとって肌触りが悪いのです。

 

しかし水通しをすることで、服がやわらかくなって肌触りがよくなり、吸水性も抜群によくなります。

 

 

水通しのやり方は洗濯機と手洗いと2種類ありますが、量が多ければ洗濯機を選びましょう。

 

洗濯機の場合…

  1. 通常コースではなく「ソフト」「手洗い」「弱洗い」コースを選びます。
  2. 服の紐やスナップは外してネットに入れます。
  3. 洗剤や柔軟剤を入れずにそのままスタート。
  4. あとは天日干ししてOKです。

 

手洗いの場合…

  1. まずはきれいな洗面器に水、またはぬるま湯を張ります。
  2. 服についているスナップや紐を外してから、洗面器に浸して軽くもみ洗いします。
  3. おわったらすすぎ洗いをしてよく絞り、しわを伸ばして天日干しをしましょう。

 

ちなみに洗濯槽にカビが生えていると、赤ちゃんがアレルギーや皮膚炎を引き起こす可能性があります。余裕があれば、洗濯前に洗濯槽を酸素系漂白剤できれいにするといいですよ。

 

 

2回目以降の洗濯

赤ちゃんが着た服を洗濯する際は、大人の洋服との洗濯は避けましょう。

大人の洋服には、化学物質が付着している場合があります。化学繊維は赤ちゃんの肌にとって、湿疹などの肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

なので洗う時は大人の服と別々に分けて、洗ってあげるようにしてください。

 

また洗う時ですが、赤ちゃん用のやさしい洗濯洗剤を使用しましょう。柔軟剤は使わなくてもOKです。新生児用の服はもともと柔らかい素材でできています。柔軟剤を使ってしまうと、吸水性が悪くなるので使用は控えましょう。

 

新しい洗剤を使う時は、赤ちゃんの肌の状態を確かめながら少しずつ変えてみてください。

 

もし服がこすれて肌トラブルが起きてしまったら、使っている洗剤が合わないのかもしれません。その際は早めに小児科へかかりましょう。

 

 

 

 

まとめ

今回は新生児服は何枚着せればよいのか、どういう風に着せればよいのかをご紹介していきました。

 

新生児時期は、あっという間に終わってしまいます。

 

たくさん洋服を準備していても、使うことがなかった…といったこともあります。赤ちゃんの生まれる時期、そして赤ちゃんの肌を一番に考えて、服を選んであげましょう。

 

▼関連記事▼

双子妊娠中必見!もし私がもう1度双子出産するならアレを準備する!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました