出産前にしておきたい3つの保険の見直し!最高ランクの相談窓口とは?

 

もしも家族になにかあったら…

 

 

妊娠・出産・子育てには、そんなもしもに備えて考えておく必要があります。

 

 

実は保険の見直しは、ある方法で簡単にできます。

 

 

 

保険の見直しがしたいけどどのポイントに絞ってみればいいのか分からない。

保険や家計について相談したいけど、どこがいいの?

 

こんな疑問をお持ちではありませんか?

 

 

そこで今回は保険の見直しについて解説していきます。

 

 

具体的には

  • 出産保険の見直しで見るべきポイント
  • 出産の保険に加入するメリット
  • おすすめの保険見直し窓口
  • 出産保険の適用範囲と条件
  • 妊娠・出産の公的補助制度

の順番にご紹介していきます。

 

 

これを読めば今すぐにでも保険の見直しができるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

出産前の保険の見直し時に見るべきポイント3つ

出産の保険の見直し時に見るべきポイントは以下の3つです。

 

  • 医療保険
  • 生命保険(死亡保険)
  • 学資保険

 

順を追ってみていきましょう。

 

 

医療保険の見直し

 

病気やケガをした時に支払う医療費を一部負担してくれる医療保険。実は妊娠・出産時にも適用されます

 

 

例えば切迫早産や妊娠高血圧症候群で、出産予定日よりも早く入院となった時だよ!

 

詳しくはこちらをチェック!

妊娠中に管理入院になりやすいケース3つ

 

 

妊娠中はそういった場合の医療費がとても高額になってしまい、補助制度を利用していても負担が大きくなる場合があります。

 

 

ではその医療保険の見直しポイントとは、一体なんなのでしょうか。それは以下の2つです。

 

 

見直しポイント①妊娠前に契約する

妊娠初期や中期の段階で申請しても、断られるか条件付きになる場合がほとんど。

 

 

医療保険に関しては、できるだけ妊娠前の早めに申請することがマストです。

 

 

見直しポイント②入院給付金があるか

妊娠・出産のトラブル時の入院給付金。

 

 

切迫早産や帝王切開などの病気による入院に対し、支払ってくれる給付金です。

※自然分娩は適用されません。

 

 

これがあるのとないのとでは大きく変わるので、しっかり確認しましょう。

 

 

もちろん双子の場合はそういったリスクが高くなるので、保険の加入は必須条件です。

 

 

医療保険は妊娠前に契約!

そして入院給付金があるかどうかを確認!

 

 

生命保険の見直し

 

もし一家の大黒柱が死亡してしまったとき、生活費や教育費はどうなるのでしょう。

 

 

稼ぐ人がいなくなっては今後の将来が心配ですよね。そんな時のための保険がこの生命保険。

 

 

その生命保険の見直しポイントは以下の2つです。

 

 

見直しポイント①生命保険の種類3つ

生命保険には大きく分けて3つの種類があります。

 

定期保険期間を設けて定期的に更新したい場合。

 

終身保険生涯ずっと同じ保険でまとまったお金を貯める場合。

 

養老保険老後の資金としても死亡保険としても蓄えておきたい場合。

 

いずれもどれがおすすめとは言えません。ご家庭のニーズにあった保険を選びましょう。

 

 

見直しポイント②被保険者・契約者・受取人

子供を出産した後に考えたいのが、被保険者・契約者・受取人についてです。

 

 

受取人を妻にするのか、子供にするのかなどよく考えて検討しましょう。

 

 

生命保険は保険の種類と受取人などを見直ししよう!

 

 

学資保険の見直し

 

子供が産まれたら検討したい保険が、この学資保険です。

 

 

学資保険とは、学資金を保障するor子供の教育資金を貯蓄するための保険で、「保障型」と「貯蓄型」の2つのタイプがあります。

 

保障型契約者(親)が突然死亡してしまっても、保険料の支払いが免除され、学資金等を保障してくれます。

 

貯蓄型学資金のみを効率よく貯蓄できるタイプ。

 

 

そんな学資保険の見直しポイントは1つです。

 

 

高齢出産の場合はマストで入るべき

年齢階級別死亡率(全部位 2018年) 男女 表画像

出典:がん死亡率~年齢による変化

 

女性は40代から、”がん”による死亡率が増えてきます。

 

 

このグラフを見て分かる通り、男性の方ががんの比率が大きくなっているのが分かります。

 

 

このように高齢出産となると、子供が中学生、高校生、大学生となるときに学資保険に入っておいた方が安心できます。

 

 

ただ学資保険は毎月の支払いが高いので、よく考えて加入するべきか検討した方が良いでしょう。

 

 

おすすめの保険見直し窓口

 

医療保険、生命保険、学資保険と見直しポイントがありますが、一度に全部見直そうとなると大変ですよね。

 

 

計画や、比較、リサーチなど全て自分たちでしなきゃいけません。しかしこれからご紹介する窓口では、”無料相談”が可能です。

 

 

ほけんのトータルプロフェッショナル

出典:保険のトータルプロフェッショナル

 

ほけんのトータルプロフェッショナルは、厳しい基準をクリアしたトップレベルの専門家FPが保険や家計のアドバイスをしてくれる専門窓口です。

 

 

家計の見直しのために、最新の保険を比較してアドバイスしてくれるサービスがあり、それぞれで良い保険会社をピックアップしてくれます。

 

 

また保険の見直しだけでなく、家計チェック、貯蓄・節税方法、さらには住宅ローンの相談まで見てくれます。

 

 

それらの相談は平日・土日祝日共に、9時~21時まで可能。面談場所は自宅・喫茶店・勤務先など指定できます。

 

 

相談内容

  • 死亡保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 教育資金
  • 貯蓄の保険
  • 介護保険
  • 年金になる保険
  • 資産運用の保険
  • 遺産・相続の保険
  • 三大疾病
  • 七大疾病
  • 法人保険

 

 

 

無料相談してみる

 

ほけんのトータルプロフェッショナルの口コミ

 

ほけんのトータルプロフェッショナルを利用した方々の口コミを一部抜粋しています。

 

 

口コミ①

・こちらのFPさんは家計、不動産、税金など、知識の豊富な方でした。保険会社のパンフレットだけではなく、客観的なデータも見せて頂きながら丁寧に説明してもらい、とても安心感がありました。各保険会社ごとの得意・不得意分野なども丁寧に説明して頂き 、とても分かりやすかったです。判断基準を説明して頂き、こちらが理解した上で、いくつかの保険会社の中から自分たちに合う保険を選ぶ事ができて、大変良かったです。

引用:ほけんのトータルプロフェッショナル

 

 

知識が豊富、そして客観的なデータから丁寧に説明してもらうことで、安心感と信頼を得ているようです。

 

 

しっかりメリットも話しながら、デメリットも説明し、その上での判断基準を提案してもらえます。

 

口コミ②

・私の家族構成などの現状や希望をしっかり聞いてくれた上で、最適な保険サービスとオプションを提案していただけました。保険の仕組みやオプションをわかりやすく説明していただき、理解することができました。自分にぴったりの保険とオプションを選んで入ることができて大変満足しています。自分に最適な保険に入りたいと思う方はぜひ相談してみることをおすすめします。

引用:ほけんのトータルプロフェッショナル

 

 

それぞれの家庭に合った最適な保険サービスを選びながら、希望もしっかりと聞いてくれます。

 

 

口コミ③

・20年前に良く分からないまま加入してしまった保険がそのままになっていたので、年齢的に内容が不安になり、お願いしました。今まではこういった専門家の方に相談する必要はないと思っていましたが、やはりプロの方の話を聞くと知らなかった事が多く、せっかくの保険がいざとなって受け取れないこともあると知って怖いなと思いました。保険や金融に関して詳しいのは当然ながら、担当のFPさんは医学に関する知識もとても精通していて驚きました。そういった知識もベースに内容を組み立てて頂いたので、とても安心できる保障になりました。大事なお金のことは、きちんと知識のある方に相談すべきと改めて痛感しました。

引用:ほけんのトータルプロフェッショナル

 

 

せっかく保険に入っていてもいざとなって受け取れない場合があります。

 

 

そういったことが起きる前にプロの専門家の方に相談することが大切です。

 

 

 

無料相談してみる

 

 

まとめ

今回は出産前にやっておきたい保険の見直しについてまとめてみました。

 

 

妊娠・出産には莫大な金額が出て行ったり、もらえたりします。

 

 

自己判断で保険を見極めるのではなく、プロの方に相談しながら保険を厳選するのが大切です。

 

 

▼関連記事▼

双子妊娠中の管理入院で保険に加入しなくてもいい?!保険適用について

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました